「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
ビジョン
 今まで人間が描いてきたビジョンは
死、悲惨、残酷、屈辱、絶望、そして孤独などの
悲しみを悲しみを減らすことと、
喜び楽しみ感動を増やすことの2種類です。

悲しみを減らすのは思想、哲学、学問、宗教などがあります。

喜び、楽しみ、感動を増やすのは物商品やロボットがあります。

様々な思想や哲学、学問、宗教が発達し、
多様な物商品が溢れ、あと数年で人間の脳のシナプスを超える
ロボットが開発されるだろうと言われていますが、
人間が本当に幸せになっているでしょうか?
この先、幸せになりそうでしょうか。

難しそうです。

何故なら全てが錯覚の中でのことだからです。

自分と自分の宇宙は条件によって変化する相対世界、
つまり錯覚です。

なぜこの錯覚が生まれてしまうのか。
それは根本判断基準に観点が固定されているからです。

根本判断基準は
ヽЩっている 
皆違っている 
3Д丱薀丱蕁
ぐ貊錣砲靴討睫簑
ヌ軌媼韻農簑亟袷瓦世隼廚すんでいる
という特徴があります。

ビジョンに向かう前に
まずは正しい問題意識を持つことが大切だと思います。

20110402144320d2f.jpg


【2013.03.12 Tuesday 13:35】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なぜ人を殺してはいけないのか
 「なぜ人を殺してはいけないのか」
「なぜいじめてはいけないのか」
というようなことをつきつける
番組や書籍が近年沢山出ています。

それ程、人間の尊厳性が失われている現代だと言えます。

しかし、最終的にはあいまいな答えや
偏った主観的な意見に留まっていることがほとんどです。

「人間とは何なのか」
「人間の尊厳性とは何なのか」

これらの答えを客観的に科学的に
答えを出さなければ、
どうにもならない時代にいるのだと感じます。


【2012.03.19 Monday 17:52】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心の時代
最近、心の時代と言われています。

心の時代と言うからには、
心を明確に分からないとなりません。

心と聞くと思考や感情をイメージするかも知れませんが、
それは意識の一部分です。
意識が1%だとしたらそれをつくっている
無意識は99%くらいの割合です。

その意識の一部分を絶対だと思って(知の完全性にハマって)
あいつが悪い、自分は駄目だなどを繰り返していることが
いかに小さいことなのか。
そんな悲しい歴史はそろそろ終わりにさせてもいいでしょう。

意識・無意識をつくっている心。
それが明確になった時に
心の時代と言えるのではないでしょうか。


【2012.03.15 Thursday 19:07】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ソーシャルネットワーク
 現代はfacebookをはじめソーシャルネットワークが発達しています。

便利になった部分ももちろんありますが、
問題もいろいろ出てきます。

情報知識が簡単にクリックひとつで手に入るために
自分の頭に情報を記憶していく必要が薄くなるので、
記憶力が弱くなります。
どうせ調べれば分かるので、
自分で考える力が発達しなくなります。

ネットの世界は専門分野の世界を何十年と研究した人の意見なのか。
表面だけを見て軽い気持ちでちょっと意見を書いた人の意見なのか、
判別が非常に難しいです。
何が正しくて、何が間違っているのか判断も非常に難しいです。
考える力も弱くなっているので
簡単に情報の先導にのってしまったりします。

それに誰の意見でも均等にいきわたるので、
今まで表面に上がらなかった不平不満の声が数多く上がります。
政治家たちは、数多くの不満の人の票を稼ぐため、
ますます目先の票集めに走ります。

人と人とがネットワークでつながることによって
エジプトの革命など古い体制を破壊することには役に立ちますが、
お互いの意見を融合させて新しい未来を築いていくことはできません。
相手の意見を自分たちの意見で潰すことがますます激しくおこなわれます。

ネットワークが発達したことで、今の文明の危機を突破し、
新しい希望、人類文明の大きな方向性を指し示すことができていません。

人間だったら絶対持っている判断基準の問題。
ヽЩっている。
皆違っている。
だからと言ってひとつにしてもファシズムになってしまう。
ど坿袷粥
イ世韻票分の判断基準が絶対だと確信している。

この判断基準の問題を解決することが
今の情報知識社会に必要なことだと思います。





【2012.03.14 Wednesday 09:29】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
素晴らしい地球環境を
環境問題が深刻化しています。
海洋汚染、森林伐採、絶滅種、大気汚染、砂漠化、温暖化などなど問題はたくさんあります。

人間の産業が原因です。 

現代はモノ商品をお金を媒体に循環する。資本主義の産業社会です。そこからさらに発展してお金がお金を生み出す金融経済が活発になりバブルがはじけました。

資本主義の本質は自然の流れを変異し、自然の流れに戻す循環です。

その資本主義発展の4要素は「資本量」「天然資源」「人的資源」「技術水準」です。
今は「資本量」が他の3要素に対して多すぎる状態です。これがバブルが起きる要因でもあります。

お金は、未来と自然を(環境)を支配し、編集デザインする権利を数値化する責任と能力をもってりおり無限に蓄積できるメリットがあります。
それに対して「天然資源」「人的資源」「技術水準は」は限界があります。だからバブルが起きるのは当たり前ですね。金融商品では限界です。お金と商品のバランスを取らなくてはなりません。しかし、今のモノ商品では、作る時の環境破壊、売れなかった時の産業廃棄物、そして技術とアイディアに限界があります。4要素のバランスが悪い、未発達の3要素のために、自然の流れを変異し、自然の流れに戻す循環に滞りが生まれます。

だから他の3要素を無限大にする必要があります。

それには人間の認識が変化する新しい教育が必要です。

今の自分と自分の環境を認識している認識方式では、自分に対して環境があまりにも大きすぎるので、どうしたってお金や国家支配権力などなど環境の力に負けてしまいます。それに、自分と自分の環境が分離しているので、自分と自然環境との格差が起こるのは当たり前です。人間に対する再規定ができれば、その自分が観ている環境の見え方も変わります。新しく使えるエネルギー、資源の発見があるでしょう。

素晴らしい地球環境を未来の子供たちに残したいです。
【2011.08.28 Sunday 11:52】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1,000年以上続いた企業

「室町期に創業、541年…九州最古の企業が破産へ 負債1.2億円」というニュースがありました。

室町時代に創業したとされ、長崎県五島市で食料品店を経営する「川口分店」が、近く破産申請することを同社の関係者が21日、明らかにした。東京商工リサーチによると、九州で最も古い企業という。

 川口分店は1470年に創業して塩田の経営を始めたという。

 東京商工リサーチや関係者によると、同社は、大型店やドラッグストアの進出で業績が低迷し、売り上げはここ5年で半減。4月以降、2度の不渡りを出し、4月末に閉店した。負債総額は約1億2千万円。


1,000年以上企業が存続をし続けることはすごいですね。

企業が主導権、技術を握っていた時代から、今は消費者が全てを規定し主導権を握るスマート時代です。企業はただソースを提供する時代です。企業が生き残るのに厳しい環境です。これから1,000年先まで存続する企業とはどのような企業でしょうか。

【2011.06.22 Wednesday 06:51】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スマート時代

産業時代は需要が溢れていたので大量生産、大量消費に対応できるマニュアルやシステムがあれば成功できる時代でした。日本人の繊細な心により、世界一のシステムとマニュアルを整えることができ、日本が大成功しました。

そこからデジタル革命、IT革命が起きてスピード、変化が激しい時代になります。技術革新の変化の方向性がスピードを要求されるデジタル時代です。

今は産業時代の重要過剰から移行して供給過剰の本格的なバブル時代、モノ商品が溢れています。

そんな中で今はスマート時代です。
デジタル時代がビル・ゲイツであれば、スマート時代はスティーブ・ジョブズでイメージするとしやすいと思います。技術は_燭里燭瓩肪のためにあるのか。⊃深造冒農欧蕕靴さ蚕僂箸蓮の質問の元で成り立っているのがスマートフォンです。技術は企業のためにある(オーダーメイド化)のではなく、消費者のためにある(スマート化)。お客さんが使いやすい、無限にいるお客さんの多様なニーズに対応できるシステムがプラットフォーム戦略です。

オーダーメイド化(企業中心)から、スマート化(消費者中心)の流れになっているので、企業が大変です。例えば、少し前までは商品を売って使い方は消費者が勉強する流れでしたが、消費者が商品を使えるようになるまでサービスしなければなりません。まとめてみると‖彰覿箸箸龍チ茵∋代の集団知能との競争。8浚恭个飽預犬靴疹ι覆任聾続Δある。ぞ暖饉圓量椶厳しくなってきて今までと違った感動、サービスを要求している。ゾ暖饉圓隆囘世覆里如⇒渋が難しく、商品のライフサイクルが短いなど、本当に大変です。

消費者が環境全てを規定することは、ユビキタスにもつながります。消費者がお家に帰ってきたら健康状態をコンピューターが分析して、お湯の温度や空調設定、音楽などをオートでしてくれる家をつくろうとしていますし、お金持ちはそこに住むでしょう。

スマート時代の流れで、どんどん個人が主人公になっていきます。

どうすれば、この厳しいスマート時代に企業が生き残ることができるのか。

産業時代からデジタル時代、スマート時代に移行している中で、マニュアル・システムに依存するのは危ないです。個人の感覚を無限大感動させられないと生き残れません。個人が個性を完成させたい時代です。そこに変化できることも必要ですし、1つの企業だけでやるのでなく、連帯できるネットワークを構築できるのかも大切です。
その中で一番の問題は一人一人がもっている判断基準による観点固定、解析の癖を見ないで、外を見て相手を責める、疎通交流が不可能な状態です。インターネット、ドラマ、モデルを沢山見ているので相手を判断審判するデータは沢山あります。これを相手を判断するのに使っています。自分に対して相手に対していかに厳しいのか、理解しようとするよりは判断審判がオートで起きます。そんな中で厳しいお客さんがいて、社員が株主が経営する仲間がその状態でどうやって企業が生き残るのか。

続きはNoh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)さんのコラム「変化の必要性」をご覧ください。

【2011.06.04 Saturday 13:44】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
風評被害防止で協力=農水産品「科学的証拠で対応」―日中韓首脳
 「風評被害防止で協力=農水産品「科学的証拠で対応」―日中韓首脳」というニュースがありました。

菅直人首相、中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領の3首脳は22日午前、東京・元赤坂の迎賓館で会談し、福島第1原発の放射能漏れ事故に伴う日本の農水産品や工業製品をめぐる風評被害の防止に向けて協力することで一致した。日本の要請が受け入れられた形で、政府は海外の輸入規制に歯止めがかかると期待しており、他国にも働き掛けを強める方針だ。

 3首脳は会談終了後、共同記者会見に臨み、首脳宣言を発表。菅首相は中韓首脳の福島訪問に改めて謝意を示し、「日本の食べ物を含めた安全性を世界にアピールする最も効果的な役割を担ってもらい、大変大きな助けになった」と述べた。


 温首相は「日本の復興は日本だけでなく、3カ国の経済貿易協力や、アジアと世界の経済成長にも関わっている」と強調。李大統領は原発事故に関し「情報を伝えることで国民を安心させるべきだ。情報を綿密に交換することで合意したのは重要なことだ」と指摘した。


 日中韓首脳会談は2008年から毎年各国持ち回りで開催し、今回が4回目。


 3首脳が合意した首脳宣言の付属文書には、日本産品などの扱いについて「科学的証拠に基づき必要な対応を慎重に取る」と明記。また、原子力安全協力に関し、(1)日中韓は事故の教訓を共有し、世界の原子力施設の安全強化に貢献(2)日本政府は最大限の透明性で国際社会に情報提供を継続(3)緊急時の早期通報の枠組みを構築し、専門家の交流に向けた協議を開始―などを盛り込んだ。 

今日、皇居のあたりを車で走ったのですが、ものすごい数の警察官がいました。何とも物々しい雰囲気です。日中韓が協力体制を取るという話の流れですが、この雰囲気では何とも言えません。

日中韓がもっとひとつになればいいなと感じました。

集団知能から生まれる根本判断基準(ヽЩっている皆違っている0譴弔砲靴燭薀侫.轡坤爐箋ヽになってしまうど坿袷喚ヌ軌媼韻粘袷瓦世隼廚すんでいる)に観点が固定され、疎通できず、政治や経済、歴史問題などなど、いがみ合っています。判断基準の問題を無視して、無理矢理、政治権力、暴力や財力の力で秩序を保っているから、警官が必要なのです。

最近、九州新幹線が開通しました。
この判断基準の問題を根こそぎリセットできて、暴力や財力でなく、愛と平和で国が個人が疎通できたらどんなにいいでしょうか。日本からの新幹線が海の下を通って韓国から中国まで延びて、自由に行ったり来たりできたらと想像を膨らませるとワクワクします。

各国の首相会談に警察官が警戒をしなくてもいい社会をつくっていきたいなと想いました。

そのためには観点を自由に変化させ、次元上昇させる「観術」が必要です。天動説では地球が固定。地動説では太陽が固定。次は人間の観点固定を自由にさせる人動説の時代だと思います。
【2011.05.22 Sunday 21:57】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「もうちょっとひどくないやり方はなかったの」…10歳少年がオバマ大統領に“苦言”
「「もうちょっとひどくないやり方はなかったの」…10歳少年がオバマ大統領に“苦言”」 

6日付の米大衆紙ニューヨーク・ポストは、ニューヨークの米中枢同時テロ跡地で5日行われた献花式で、犠牲者遺児の10歳の少年がオバマ大統領に、国際テロ組織アルカーイダ指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害について「もうちょっとひどくないやり方はなかったの」と“苦言”を呈したと報じた。

 殺害が適切だったかどうか内外で疑問の声が上がる中、オバマ氏は子どもからも厳しい声を突き付けられた。

 少年は、生後10カ月だった2001年9月11日に発生した同時テロで消防隊員だった父を亡くしたクリストファー・カニザーロ君。献花を終えたオバマ氏にビンラーディン容疑者が死亡したことを「どう思う」と聞かれ、率直な感想を語ったという。(共同)

 
上記のような記事がありました。

 

人間であったら誰もが持っている根本判断基準。
ヽЩっている
皆違っている
1つにしてもファシズムや機械のようになってしまう
ど坿袷瓦任△
イ靴し、無意識で自分の判断基準が絶対正しいと思い込んでいる

人間はこのカオス(無秩序)です。
これを秩序化するのに古代・中世は戦場で軍隊を使った王様の暴力で秩序化してきました。(神「宗教」を中心にした神本主義)このきっかけになたったのが第一の知識の爆発、「呪術」でした。そして近代・現代は市場で企業を使った財力で秩序化しています。(お金を中心にした資本主義)そのきっかけが、第二の知識の爆発「学術」でした。

暴力や財力などの力によって無理矢理秩序をつくる、今までのやり方では限界がきている象徴のように感じました。

今の主流である学術的な観点の限界は認識主体が認識客体に対してどのような影響力を与えているのかの研究を無視するか、曖昧にした大前提の上で成り立っています。これは、人間の尊厳性を無視した状態です。これでは判断基準の問題に気づかないし、当然解決もできません。いつまでも人間が暴力やお金の奴隷状態です。詳しくは、Noh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)コラム「設備より人間に投資せよ」をご覧ください。

だから、オバマ大統領だけの問題ではないと思います。人類が500万年かけて蓄積してきた集団知能、「学術」に対する見直しが必要だと思います。



【2011.05.10 Tuesday 13:44】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
生き方のモデル
成功する組織、個人の特徴とはどんなものがあるのでしょうか?

〇代が要求するビジョン、ニーズ(時代に対する測定、規定)の思考の整理整頓ができているので
意志決定スピードが速いです。
0豌鷏萃蠅靴震槁犬鮹羶瓦坊觸犬粒砲鬚弔りやすいです。個人でもこれをやると決めたらやる人は成功しやすいですよね。
し觸犬粒砲鮹羶瓦箸靴唇き寄せの法則が働きます。
イ修靴董▲哀蹇璽丱襯好織鵐澄璽百霆狹世料老が可能になります。

このような特徴があると思います。


ひるがえってみると、今の世の中How to(どう生きればいいのか?)がわからなくなってしまっています。

ひと昔前であれば、いい大学に入っていい会社に入ってといようなモデルがありましたが、そのモデルも破壊されています。
.皀妊詛鵬 
△修靴董個人個人が企業が、国がビジョン、プランを持って自分に引っ張ろうとする競争するビジョン、プラン戦争が激しいためなかなか思った通りいかないです。
そもそも判断基準(1)皆持っている 2)皆違っている 3)一緒にしても機械やファシズムのようになってしまう 4)不完全である 5)だけど、無意識で自分の判断基準が絶対正しいと思い込んでいる)を持っている中で覚えた単語で思考論理を展開するのでは、無明、無知の状態なので、考えても答えが出ません。
ぢ里涼罎砲い襪里如▲┘優襯ーで見れば宇宙自然からのプレッシャーがきています。そして王様の支配権力と財力の力によって「〜ねばならない」という全ての文化文明からのプレッシャーがきています。だから重たいのです。0.1%の支配権力、成功者と99.9%の奴隷のような状態です。
イ気蕕法▲ぅ鵐拭璽優奪箸泙任任て激しい相対比較により、自己否定・他者否定がかなりひどい状態です。


何故、このようになってしまったのかを知るには、カオスとコスモロジーを知らなければなりません。

カオスは判断基準の問題です。
(1)皆持っている 2)皆違っている 3)一緒にしても機械やファシズムのようになってしまう 4)不完全である 5)だけど、無意識で自分の判断基準が絶対正しいと思い込んでいる)このカオス(無秩序)を解決するために、古代・中世は王様の暴力で、近代・現代は財力によって秩序をつくってきました。



それで、ファイナルアンサー(どう生きればいいのか)があるのでしょうか。
「観術」ではありますと言っています。

1、正解は「絶対(世界)主義」です。 

今の時代で「実用主義の和」、形だけの和、見せかけだけの和、は意味がありません。世界が上手くいく時には大量生産・大量消費でみんなのやっていることをやっていればよかったけど、今は供給過剰、ビジョン過剰、プラン過剰のバブル時代です。なので、みんなのやっていることをやっていれば答えがきません。だから怪しい世界に希望があるのです(笑)怪しい中で本物を見つけることが大切だと思います。

今までは、あの観点ではこう、この観点ではこうという相対主義の和がメジャーでした。これからはみんなが一回は通過しなければならない絶対主義です。
絶対主義と言った時に何が「絶対」なのでしょうか。

「絶対」とは、今までの自分が知っていることが絶対正しいという 崔里隆袷汗」を絶対視するはファシズムです。これは違います。

◆崔里良坿袷汗」と
「無知の完全性」
が絶対です。

判断基準が不完全なのにそこから生まれる知識が完全のはずがありません。判断基準の問題が分かれば、知っている世界がいかに人をいじめているのかがよく分かります。知っている世界から自由になることがとても重要です。

もっと言えば、「学術」が人間の無限の可能性を殺害しています。学術は主観的(意識)な宇宙、裏を認めず、客観的(物質)な宇宙、表しか認めない、いわば裏を切っている状態です。表だけの状態ではクローズの構造の中なので、方向性とエンジンが生まれません。今、日本は「実用主義的な和」によって方向性とエンジンを失っています。方向性、差別性の革命が重要です。今までだけでは、希望がありません。裏をつけることがいかに重要なのか、「裏付け上昇方式」。「観術」では裏をつけて宇宙空間の中に物質だけの存在は一つも存在しませんと言っています。かなり怪しいですよね(笑)
今までをそのまま認めて、裏をつけるので、今までの研究が無駄になるわけではありません。裏をつけることによって上昇します。

「観術」、「裏付け上昇方式」は簡単に言うと、まず不完全な5感覚脳で見ている体だけが自分という物質の宇宙に、意識の宇宙をつけ、そこからさらに深い裏づけをしていきます。詳しくは21世紀悟り観術セミナーアドバンスセミナーでよく分かります。細かい論理とイメージにより最終的には、心の暗闇を照らす心の太陽、心電力ピカピカ状態になります。それは、重力、電磁力、弱核力、強核力すべての力を統合した究極の力そのものです。


それができて、
C里良坿袷汗の補完(重力要素)ができます。こちらはスペシャルセミナーで分かります。

これが、脳神経でなく心神経、五感覚でなく心感覚、イメージ感覚、創意・創造主感覚です。人間そのもの、人間の機能、人間の尊厳性をバージョンアップさせることです。これが今の時代に求められている創意的人材です。

農場の時代は自然の力を使っていました。次に工場で機械の力を使いました。これからは、知場で感動エンジン、心電力を使う時代です。これは、頭の中にセットされるので、奪う奪われる戦争が起きません。


2、次に決断が必要です。「観術」はイメージできない絶対世界をイメージ化させたので決断が伴う知識です。


3、それだけでなくフォローシップが必要です。一人ではなにもできません。これからはお金力ではなくファイナルアンサーを得た人と人との連帯。人間力、人間関係力でつながること可能です。


4、そして結集の核ができて


5、グローバルスタンダード化ができます。


ヾ覿鳩弍弔瞭偉呂お金だけでは社長は本当に大変です。言う通りにやってくれません。
家族経営、判断基準を分からないままで、やっていくのは大変です。外で仕事をして帰ってくれば、ドラマの中での理想と比較され文句を言われたりします。
人間関係でも、判断基準、コミュニケーションはズレるものだと分からず、観点も分からず表面だけ笑顔で合わせて、訳が分からない状態です。
た誉厳弍弔任眤里世韻自分だと思って過去の夢、未来の夢にとらわれて、今ここ感動を観る目がありません。
ス餡鳩弍弔眛韻犬任后今は企業と企業が合併する時代、国と国が合併する時代です。
Υ躓.螢好管理でも、まずは心が健康でなければ難しいでしょう。


「学術」により集団知能が、お金の流れが、マーケットが、人間一人一人の考え感情が狂っている状態です。3.11以降、日本はリーダーシップに対してイライラしている状態ではないでしょうか。日本は「実用主義の和」によって、目先だけ周りに合わせて続けて、アメリカの教育が60〜70年入って侍感覚が思考論理展開が鈍くなっている状態で方向性とエンジンが見えません。今さら天皇を中心にして団結することもできず、アメリカが中国がいる中で方向性が見いだせないでしょう。そんな中3.11が起きています。これは核戦争に負けたに等しい被害です。誰が新しい方向性とエンジンを示してくれるのでしょうか。3.11以降、半年から一年の間にどこに投資をするのかによって、日本の方向性が決められていきます。

また理論、学問、言語が表現のレベルで留まっています。未来の価値を生み出すためには、それが疎通、交流、合一、上昇までいかなければなりません。本来は学問と学問が交流して部分と部分を交流させて全体像をわかりたい、という意図があったのに、全然なっていません。
今、言語をつかって交流すれば、すればするほど訳が分からなくなってしまいます。イメージのズレがいかに激しいのかがよく分かります。

その「学術」に人とお金を投入してはもったいないと思います。「観術」は新しい言語、感覚で疎通、交流、合一、上昇させます。

日本の銀行、株、不動産、何が信頼できるのでしょうか。人を悟らせることができる人達が一番信頼できるのではないでしょか。「観術」は心と力と物質を統合します。東洋の悟り、西洋の最終理論を一つの動きで全部説明できます。今ここ、誰でもパーフェクトに悟っています。それを認識できる技術があるかないか、認識の問題です。この認識を変化させるのが認識技術、認識経済です。


この「観術」の世界を得て、韓国生まれの韓国育ちの韓国人でありながら、日本でお金もない、人脈もない、日本語も分からない、健康状態も最悪の状態で、人類を全てを悟らせる決断をして、16年間「JAPAN MISSION  JAPAN DREAM」を一貫して語り続けているのが、Noh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)さんです。

彼の存在は聖徳太子の師であり、当時百済から渡来し日本に「儒教」と「漢字」を伝えたとされる王仁(わに)博士とダブります。彼と共にこれからの新しい生き方モデルをつくっていきたいと思います。
【2011.05.07 Saturday 21:03】 author : 北極星
| 世界のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |