「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
朝から?朝カラ!
最近、友人と日曜の朝から
カラオケをしようというイベントを企画して
実施しています。

なかなか盛り上がっています(^0^)

住む所は便利になり、
交通手段も発展しました。
そして雑誌やネット、スマートフォンと
人と出会えるツールはさらに多様化しました。

しかし、人と人とが信頼感をもった
安心感をベースにして
協力して何かを成し遂げようとする
雰囲気を感じないのは何故でしょうか?

むしろ時代が進むにつれ、
逆の方向に進んでいるように感じます。

人と会うのが面倒くさい、
話しをして意見の食い違いや、否定されるのが怖いから、
自分の殻に閉じこもり、人を不信し、協力関係が築けず、
個人一人一人がどんどん孤独になっているように感じます。

特に東京のような都会では田舎は人が温かいという意見や、
昔は人情味があった、世知辛い世の中になったなどの
話しをよく聞きますし、
誰にも知られずに孤独死する方の
悲しいニュースは増すばかりです。

今までは人と繋がる道具は増えたけど、
それだけじゃ何かが足りないんじゃないでしょうか?

その今までの足りない部分を補ってくれる新しい技術が
人の観点を変化・運動・移動させることができる観術です。

でも、せっかくつくった道具を使わないのも、
もったいないのでカラオケを道具にして、
観術を学んだ人達が人と人をつなぐイベントを企画しました。

11月17日(日)の朝からカラオケをするので、
よかったら来てみて下さい♪





 
【2013.11.14 Thursday 20:54】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TPP行ってきました
 TPP(Together For Peace Power)に
参加してきました。

15日(土)の第一部は
日韓合同パフォーマンス『天と地の響き』。
日韓のアーティストのコラボレーション!!
めっちゃ感動しました!
思わず見入ってしまいました。

現代は国家民族で分断されていますが、
それが解けていろいろな国の文化が交流したら
素晴らしいだろうなと思いました。
その先駆けのパフォーマンスのように感じました。

第二部は日韓共同作製ドキュメンタリー映画
『李藝~最初の朝鮮通信使』。
倭寇に拉致された母を探すため、
日韓の友好のため、通信使として
日本と韓国を行ったり来たり命がけの旅を続けた
李藝の行動力に感嘆しました。

この時期に日本からこの映画を発表する勇気は
素晴らしく、日韓友好にとってとても意味深いと
Nohさんがコメントされていたのも印象的でした。

16日(日)第一部はNohさんの講演会。
日本の若者から世界の若者を元気にさせてほしいという
願いがビシビシと伝わってきました。

心に時代とあちこちで言われていますが、
ただのキャッチフレーズで終わらせない、
持続的に確実に心の時代へと明確に
社会プレートを変化させるためには
心が何なのかを科学的に客観的に解き明かす
必要性を感じました。

第二部は質疑応答。
心が若いとは?という質問に
時代との対決意志と答えられていたのを聞いて
なるほどと思いました。
いつまでの心は若くありたいと思います。

【2013.06.18 Tuesday 22:01】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
出逢い
 TPPとはNPO法人PBLSが6月15日(土)と16日(日)に
行うイベントTPP Together For Peace Powerの頭文字です。

12年目に今年のグランドテーマは
『進化していく平和』〜共に超える通渉の世界へ〜です。

今日、街中でTPPの紹介をしていたら
素敵な出会いがありました。



この空のように人の心の境界線を取っ払って
疎通、交流していきたいです。

イベントをきっかけにして
いろいろな人とつながっていきたいなと思いました。

【2013.06.09 Sunday 11:53】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TPP
 今日は朝からTPPのチラシをハンディングしてきました。

TPPといっても今話題の
あのTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ではないですよ。

Together For Peace Powerの頭文字です。
12年目の今回のテーマは「進化していく平和」
~共に超える通渉の世界へ~です。

2013年6月15日(土)、16日(日)の開催です。

平和って聞くと自分と遠いな何て感じるかもしれません。

それは平和の定義を戦争や紛争の無いこととした
場合ではないでしょうか。

しかし、戦争や紛争のない先進国での
人間関係、個人の考えやライフスタイルをみて見れば
自殺やうつ、殺人やいじめ、財力によって弱者を支配していく
経済戦争はどんどんひどくなっています。

戦争や紛争、経済戦争が起こってしまう原因は何でしょうか?

これが分からないことには、いくら制度や法律を変えても
本当の解決にはなりません。

戦争が起こる原因から根こそぎ変化させていこうというのが
TPPの活動であると私は理解しています。




【2013.05.27 Monday 20:56】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
方向性の変化
 今日は「ゴミ拾いはスポーツだ」ということをしている
方のお話を聞きに行きました。

ゴミ拾いとスポーツ一見関係がなさそうに聞こえる
2つが一緒になっている新しい試みでした。

2008年から始められて今では週に1度のペースで全国で
開催しているくらい反響があるようです。
新しい試みなので最初はすごく大変だったそうです。

新しいことを始める時って何でも大変なのですね。


それと幸せを追求する方向性の変化を感じました。

今まではお金を儲けるためという高さの方向に
向かっていました。
しかし、これからは社会貢献ができたり
自分の情熱を仲間と共有し合いながら新しい価値を
提供したりと、深さの方向に変化しています。





【2013.01.22 Tuesday 22:41】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
分人化
 昨日、作家の平野啓一郎さんのトークイベントに
参加させていただきました。
作家だと角田光代さんと今回の平野啓一さんの
お話しかお聞きしたことがなかったのですが、
いやー作家の方のお話って面白いですね。

ただ生きているのではなく、
生きている上で疑問に思ったことをしっかり言語化するまで
意識化している感じがして、言葉に深みがある感じがします。
自分のスタイルを持っている感じもします。

平野さんかっこよかったです。

トークイベントの中で平野さんがおっしゃっていた「分人化」。

私なりに理解した「分人化」の意味は、
生きていく上で、様々な人との相互関係において
自然と自分のあらゆる一面が引き出されます。
例えばお父さんに見せる顔、友達に、先生に見せる顔は
それぞれ違っています。
それを無理矢理ヒトツにして自分はこんな人間だと
決めつけてしまっては辛いです。

あの人といる時の自分は本当の自分ではない。
だとすると人の前で偽物の自分を演じているように感じて
人間関係が空しくなります。
だからと言って一人でいたとしても
本当の自分が分かるかと言えば難しいです。
なぜかと言えば一人でいたとしても、
過去の人間関係や、何かの影響を受けた上で
自分のことを考えているからです。

どの分人も自分なのです。
自分の中での分人のパーセンテージが常に変化しています。
だから嫌な自分(分人)がいたらそっと見守って
他の分人を使って生きれば楽しい人生を歩めるのではということです。

本当にそうですね。なるほどです。

いやーいいお話を聞いたなと思って、
たまたま帰り道が一緒になった方と、
イベントのお話をしながら出た内容がありました。

様々な状況によって変化する分人を観ている主体は何なのでしょうか?
やはり分人のひとつなのでしょうか?




【2012.12.08 Saturday 17:10】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マインドームSSM

 今日はマインドームSSMに参加して来ました。

主催者の方が素敵で、
あのような場をつくれるのはすごいなと思いました。


とても楽しかったです。
最近の私のテーマが共感だったので、
ピッタリの場でもありました。

相手の話しを全部理解するには、
ワクワクの心と集中が必要だなと感じました。

そしてたった数秒の時間でも
多くのことを共感でき、関係性が深めることが
できることを実感しました。

普段、建前コミュニケーションが多く
いかに人の話しを聞いていないか、本気で話していないのか、
数秒や数分をないがしろにしているのかも実感しました。
もったいないですね。

これからは、コミュニケーションに対して
もっと本気で向き合おうと思いました。
些細な時間や事物、言葉も大切にしようと思いました。

またアウトプットも大切で、
自分のイメージを相手に伝わるように話すことも
日常で習慣化していきたいなと思いました。

楽しくゲームをしながら
いろいろ気づけるお得なゲームでした。

ありがとうございました。


【2012.10.28 Sunday 23:38】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心眼をひらく
 今日は海洋冒険家の白石康次郎さんのお話をおうかがいしました。

高校生のころからヨットでの世界一周を夢見て、
いくつもの困難に立ち向かいながら
世界最年少単独無寄港世界一周達成し、
さらに40歳にして世界一周レースで2位に入るという
快挙を成し遂げた白石康次郎さんです。

とてもバイタリティがあり、ユーモア満載で優しい方でした。

素晴らしいお話の中で特に印象に残っていることは、
航海の中での困難に立ち向かう時に一番大切にしてることは、
自分のフィルターで自然を見ない、ありのままを観るということです。

自分がレースで勝ちたい、世界一周したいとう願望があった状態で
波や風など自然を見れば、ありのままを観ることができません。
自然はレースが有ろうが無かろうが、人が死のうが、生きようが
波は起きるし、風はふくのです。
それなのに、自分のフィルターをかけて自然を見てしまえば、
自分の願望にかなった情報しか引っ張れないので、
その場に適した判断ができません。

目に見えないものを観ること、
いかに自分に打ち勝つのかを
一番大切にしているとおしゃっていました。

体は1つしかないので、
ヨットの上で舵を取りながらマストを張ることはできないし、
食事をしながら眠ることはできません。

自分が今何をするべきか、勝負に勝つ以前に生死が懸っているのです。
1つ1つの判断がもの凄く大切なのです。


心眼を開くということでしょうか。

これは時代の流れを観る上でも
相手の心を知る上でも
自分の本心を知る上でも必要で、
自分のフィルターがかかっていれば、
ありのままの姿を観ることができません。

自分のかかっているフィルターを知る、
そして外した所から物事をとらえることの大切さを感じました。




【2012.10.16 Tuesday 22:52】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10.7 Peace Renaissanceへ
 今日は、10.7Peace Renaissanceへ行ってきます。

10.7Peace Renaissanceとは、
2001年10月7日、9.11への平和の報復を理由に
アメリカがアフガニスタンへ先制攻撃を行い、
世界中の沈黙という承認から、戦争意志のない国への先制攻撃が
正当化されてしまった日です。

この10.7を平和へのターニングポイントにするためのPeace Dayとして、
日本から世界に発信する、2003年からスタートしたムーブメントです。

平和の絶対ルール
先制攻撃絶をしない
と今ここ心の満足と平和を蓄積していくこと

今年のテーマは
『黨(たむら)』を越える『和』のビジョンで
平和が実現できる

です。

人間一人一人自分も家族も友達もみんなが平和を願いながら、
なぜか戦争(経済戦争、心の戦争なども含めて)を
繰り返しています。

一体なにが足りないのでしょうか。
どこが間違っているのでしょか。


私が今までの人生で感じてきた人間関係のパターンは
争いたくないなら、身を小さくして我慢するか。
他人を我慢させて自分の言いなりにさせるか。
極端に言えばこの2つしかないように思います。

目に見える争いは無いかもしれませんが、
これでは窮屈でたまりません。

個人的にはそのあたりのテーマを持って、
出口光さんとNoh Jesuさんのお話をお聞きしたいなと思います。
楽しみです。






【2012.10.07 Sunday 16:13】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アジアの平和
 今日、これからの日中関係を考えるみたいな
イベントに参加してきました。

その中で、日本をはじめアジアの国々は
基本的に元来受け身的で、攻撃的ではない文化だけど、
世界大戦でアジアを侵略しました。
それはには、周りの国がどのように関わったかが大きく
左右したそうです。

今の中国も同じで、周りの国がどの様に接するかで、
方向性が決まる要素は大きいとのことでした。

マスコミがいろいろ騒いでいますが、
中国も日本も根底ではアジアの平和を
願っているのを感じました。

日本は大きな平和な心を持って、
アジアの国々と関わって行かなくては
ならないなと感じました。

お互いの観点に固定されず
疎通交流できることを願います。





【2012.09.30 Sunday 23:07】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |