「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
東洋の魂
ブルースリーの代表作「燃えよドラゴン」。

実はブルース・リーは映画を通して「東洋の魂」を伝えたかったそうです。
「燃えよドラゴン」の中で、
このワンシーンだけはブルース・リーが直接監督をしたそうです。



東洋は今、西洋の数学、物理学をはじめ教育、経済、政治、文化などなど
「西洋の産物」を学んでいるだけで終わっています。
しかし、学ぶだけでなく「東洋の魂」も西洋に恩返しができる。

彼が伝えたかった「東洋の魂」と共に、
そんな日がくることを願います。


【2012.01.22 Sunday 22:59】 author : 北極星
| 映画より | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |