「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
西洋文化を補う

 現代の多様な問題を見た時に西洋文化だけでは
限界なのは明らかです。 

西洋文化を補うペアが必要です。

西洋文化の強みは自分以外の物質を実験によって分け
再構築させる科学技術。
客観性と再現性、合理性、確実な計量化を重視する世界です。

日本や東洋文化の強みは自分以外でなく
自分自身の内面を深く見ていく心の世界だと思います。

しかし日本のわび・さびの心や独特な感覚は抽象的で
感覚で分かる領域にとどまっています。

この世界が西洋文化と矛盾なく客観化された時に
日本から新しい文化が始まるのだと思います。

【2013.05.18 Saturday 21:55】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歌舞伎座
 昨日、歌舞伎座の前を通りました。

近代化したビルの中で異彩を放つ
日本風の歌舞伎座の建物を見た時、
街並みもライフスタイルも西洋文化を主流とした
近代化がどんどん進でいる象徴のように感じました。

また表面的にはどんなに近代化が進んでも
奥深くでは日本の魂が生き続けているような
象徴のようにも感じました。




【2013.05.17 Friday 16:23】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
専門職
 日本は今、円高から円安、
デフレからインフレを誘発しようとしています。

そうすると物価上昇が起きます。
その物価上昇スピードに経済成長スピードが負ければ
日本は終わりです。

経済成長の要素は政府投資+純輸出+民間投資+民間消費です。
政府投資は活性化しそうです。
純輸出も日本は技術があるので活性化しそうです。
特に車産業のトヨタが世界トップになりそうです。
問題は民間投資と民間消費です。

民間投資と民間消費は
給料が上がりることにより、消費が活性化され、
そして新しい仕事場が増え、新しい職業、新しい会社、
新しい未来技術、価値が生まれてくる。
この一連の流れがどれくらい起きているかで分かります。

一言で言えば最高の専門職、憧れ職業が生まれるか。
これがアベノミクスが成功するかどうかのカギになると思います。

毎日新聞


【2013.02.17 Sunday 23:16】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
情報の共有
 オウムの高橋被告が逮捕されたり、
スマップの草なぎくんが逮捕されたりと
警察が動いて大手マスコミが
そればかりを報道している時には
同時に国会で法案が通っていることが多いそうです。

人の目を掻い潜るように
いつの間にか法律がつくられたり変更されたりしている。

自分の知らない間に方向性が決定されていく‥
誰かの陰謀か、背筋がゾッとしました。
透明性のある民主主義を望みます。

フランス革命とwikileaks





【2013.02.10 Sunday 23:31】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
少子高齢化とアイディアの枯渇
 数百年前の農業社会の中で子供を産むということは、
新しい労働力の獲得でもあるので、生産の要素が強いです。

一方今の産業社会の中で子供を産むということは
大学をまで出るのに1~2千万くらいのお金がかかるように、
消費の要素が強いです。

だから、中進国は少子高齢化の問題が起こります。

そこで、低コストながら性能の良いモノを沢山造って売るのかの
技術のイノベーションに向かいます。

今の先進国と言われている国の企業は
様々な技術のイノベーションをチャレンジしてきました。
しかし、それが限界にきています。

今の時代に新しい商品を生み出すことは
そう簡単ではありません。

例えばスマートフォンにしても、もの凄い技術とアイディアの
集大成の上に出来あがっています。
お金、情報、技術を持っている資本主義の上部にいる
1%の人達でも簡単ではないのに、それ以外の99%の人たちが
新しい商品をつくるのはもっと難しいです。

技術のイノベーションにはアイディアが必要ですが、
新しいアイディアが生まれてきません。
つまりアイディア枯渇状態です。

これが先進国の限界です。

アイディア枯渇は観点固定から生まれます。

この問題は今は先進国の問題ですが、
いずれ世界中の国々がぶつかるであろう限界でもあります。

この観点固定からくる先進国の問題を、
観点を変化・運動・移動させ次元上昇させる認識技術
「観術」を使って突破し、今の産業社会のプレートを
みんなが創造性に溢れ、お互いがそれを応援し合う、
人と人とがつながる感動社会にプレートチェンジすることを
自分の人生を懸けて成し遂げようと思っています。



【2013.02.01 Friday 21:49】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お金はどこに行くか
 今一番儲けているのは世界中に顧客とインフラを
持っているグローバル企業です。

自民党が大量の円を市場に流して
景気を活性化させようとしています。

そのお金は最終的にどこに行くのでしょうか?

産業社会での勝利者。
一番の知識と技術を持っているところ。
そう、グローバル企業です。

このまま新しい未来技術、未来産業が生まれなければ
今までと同じようにグローバル企業の一人勝ちです。

最終的には0.000001%の既得権を持っている人達が
それ以外の99.9999%のお金を引っ張って
甘い汁を吸うことになるのです。

これは大企業が悪いとかではなく
先進国共通の宿命的な限界です。

この限界を突破する為には、大企業でも簡単に真似できない
発想すらできないような、まったく新しい
未来技術、未来産業を見つけて投資するしかありません。

農業社会の時代に王様やその時代に住むほとんどの人たちが
イメージもできなかった、
今の産業社会をつくった先駆者のように。

ms0078.jpg
【2013.01.31 Thursday 19:13】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
産業廃棄物
 産業廃棄物と聞くと、つくり過ぎて余ってしまった
製品や設備を思い描きます。

今、SONYのウォークマンを欲しがる人、つくる人はいません。

そのようにiphoneが登場してから需要がなくなった商品、
それをつくる工場、設備、技術、知識は大量にあります。

もちろんそれらの土台があってiphoneが生まれたのですが、
生まれてしまってからは産業廃棄物です。

それらが日本中、世界中で溢れています。
これはipohneに限らず多様な分野に当てハマります。
今、日本に大企業でさえもすごい赤字です。

今までにない未来価値を生み出す新しい知識、アイディア、
技術が必要な時です。
それなのに既存の教育や経営を続ければ、
産業廃棄物が増えるばかりです。つまり赤字は増すばかりです。

日本の経営は現場主義なので目の前で起きている問題に対しての
軌道修正は素早いのですが、代表責任者が全体を洞察して
重要事項を素早く意志決定することができません。

日本の経営者の皆様は特に未来価値を生み出す新しい知識、技術に
目を向けるべきではないでしょうか。








【2012.11.21 Wednesday 22:47】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポーツとコミュニティ
 日本は今コミュニティが破壊されつつあります。

例えば
東京では隣の住んでいる人が分からない。
友達同士でのいじめ。
家族同士でもいろいろな事件を目にします。
などなど‥

そんな中で、コミュニティをつくりやすいのが
スポーツですね。
私もサッカーをしていたので、
スポーツの素晴らしさは感じています。

スポーツは素晴らしいツールにはなりますが、
コミュニティをつくる手段がスポーツだけでは
あまりにも寂しい感じがします。

最終的には、人間はなぜ分かり合えないのか、
また本当に切れない信頼関係を結ぶには
どうしたらいのか。
それらが明確になることが必要だと思います。

スポーツの中でもそれらが明確になればいいですが、
現代の主人公は何と言っても企業。
経済抜きには語れません。
企業活動の中で、それらが明確になっていくことが
一番合理的だと思います。




【2012.06.17 Sunday 23:00】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仕事場の話
 最近、仕事場の話しをしました。

日本は景気が悪いので、雇用も縮小傾向にあります。
だからいい職場に入るためには競争しなければなりません。

また、一回会社を辞めてしまえば
同じ会社に戻ることは難しいです。

こんな窮屈な就職、職場環境を
どのように改善してけばいいのか?

それを解決するためには、
結局全体の景気が好くならなければなりません。
企業が成長していけば、雇用は必然的に生まれます。

それをするためにはどうすればいいのか?
企業努力は?労働者の努力は?
今までの産業のままでいいのか?
新しい産業が必要なのだろうか?
だとしたら、それはどんな産業だろうか?
みたいな話しにはならず。

全体の景気が好くなることは難しいこと、無理なことなので
ただ、職場を増やせばいいのだみたな話しになりました。

あきらめ、何とかなるだろう、場当たり的なムードを感じました。






【2012.06.17 Sunday 00:07】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
創造的教育
 昨日の3.11の復興へ創意的教育みたいな
イベントに参加させていた感想の続きです。


3.11以降、
本当の幸せとは?命とは?生きるとは?など
今までにない価値観の変化が必然的に生まれてきており、
そのためには新しい教育が必要で、
それは東北の地域にあった!

それは、3.11を生き残った人達の生き抜く力、
たくましさは素晴らしさが何よりも証明している。

だから東北から今までにない
創意的教育が生まれ、そこから新しい日本の立て直しが
できるという内容でした。

そこで思ったのですが、
震災の中で見せた世界でも類を見ない、
被災者の方々の冷静な対応、団結力、
そして復興へのたくましさ、ひたむきさは、潔さは
どこから生まれてきているのでしょうか。

その根幹を正確にとらえることから、
創意的教育の飛躍的な進化がはじまると思いました。





【2012.05.21 Monday 13:28】 author : 北極星
| 日本のこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |