「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< それぞれの夢 | main | テレビの思い出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
科学技術に見合う人間性の進化
「米研究者が脳波や心電図を測定できる電子タトゥーを開発 」というニュースがありました。

米イリノイ大の研究者らがこのほど、心電図や脳波を測定できる“電子タトゥー”の開発に成功した。11日、英BBCが伝えた。

 人間の髪の毛より細い素材で作られており、タトゥーシールのように皮膚に張ることができる。伸縮自在で、太陽電池も内蔵。特に、未熟児のモニタリングや睡眠時無呼吸症候群の研究に有効と考えられている。問題は長期の使用に耐えられないことで、2週間に1度交換しなければならないという。


素晴らしい発明ですね。

人間の髪の毛より細い素材で作られているのもビックリです。昔、「世界ビックリ人間」というようなタイトルのテレビ番組がありましたが、そこに髪の毛に文字を書く人が登場していたのを思い出しました。
科学技術の進歩は、凄まじいスピードで人間の機能を追い越していきます。機械にできない人間の機能とは何か、人間とは何かを考えなければならないのではと感じました。


また、ダイナマイトのことを思い出しました。ダイナマイトは最初は工事現場の岩石の破壊などの作業の効率化のために広く普及したが、同時に兵器としても使われました。

どんなに素晴らし科学技術があっても、それをどのように使うかは人間性の問題です。この電子タトゥーを人間を支配する道具に活用したら大変なことが起こります。


人間の歴史は戦争の歴史と言えます。戦争の原因は判断基準です。判断基準はヽЩっている△修譴皆違っているひとつにしてももっと問題(ファシズムや機械のようになってしまう、今までの歴史はこれの繰り返しです)ど坿袷瓦任△覘イ靴し、無意識に自分の判断基準が絶対、完全だと思い込んでいる

この判断基準の問題を古代・中世は暴力で、近代現代は財力でひとつにまとめてきました。これからの歴史を今までの歴史の延長線上で考えるならば、科学が人を支配する道具に使われるのは目に見えています。判断基準の問題をそのままにして根本解決しない限りは力による支配しか方法がありません。

自分の判断基準見つめ直し、今一度、自分とは何なのか、人間機能とは何なのか、人間と何なのかを再定義する必要があるのではないでしょうか。

【2011.08.13 Saturday 10:24】 author : 北極星
| 科学チックなこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 10:24】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1065
トラックバック