「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< 嵐 | main | 伝える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
アジアの平和
 今日、これからの日中関係を考えるみたいな
イベントに参加してきました。

その中で、日本をはじめアジアの国々は
基本的に元来受け身的で、攻撃的ではない文化だけど、
世界大戦でアジアを侵略しました。
それはには、周りの国がどのように関わったかが大きく
左右したそうです。

今の中国も同じで、周りの国がどの様に接するかで、
方向性が決まる要素は大きいとのことでした。

マスコミがいろいろ騒いでいますが、
中国も日本も根底ではアジアの平和を
願っているのを感じました。

日本は大きな平和な心を持って、
アジアの国々と関わって行かなくては
ならないなと感じました。

お互いの観点に固定されず
疎通交流できることを願います。





【2012.09.30 Sunday 23:07】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 23:07】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1395
トラックバック