「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< 研修 | main | 爽やかな風 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
さらに研修
 昨日の研修で気付いたことを思い出しました。

私は人の改善点とかを言うのが苦手です。

言われた本人にしてみれば痛いでしょう。

それを言われて自己否定されるのも
それを言った私のことを責めるのも
気持ちのよいものではありません。

しかし、本当に目の前の人のことを
想えば言わなければならないことはあるはず。

成長するため、新しくスタートするには
今までをストップしなければなりません。
新しい創造のための破壊が必要だなと感じました。



【2013.04.10 Wednesday 22:20】 author : 北極星
| cleanpia | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 22:20】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1544
トラックバック