「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< 横浜 | main | 小説 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
お墓参り
 昨日の日記にも書きましたが、
今週の日曜日に祖母のお墓参りに行ってきました。

墓地に並ぶ沢山のお墓の1つ1つに
祖先から続いているそれぞれ人生があり、
その人生が折り重なって人間の歴史をつくり上げてきて
今もそれが続いていると思うと、
人間歴史の奥深さを感じました。

人間歴史は祖先が残してきた記録を受け継ぎ
それを超えることで進化してきました。

今までの時代より、この時代を
もっとより良いものにしていくこと。

そのために今までの歴史で何が問題だったのか、
その問題の原因を深く追求し同じ過ちを繰り返さないこと。

そんな祖先への恩返しがしたいなと思いました。





【2013.04.16 Tuesday 16:27】 author : 北極星
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 16:27】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1547
トラックバック