「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< TPP行ってきました | main | 新しい仲間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
ヒカリエに
 久しぶりのブログ更新です。

昨日、初めてヒカリエの上の方まで上がりました。



いつも外から眺めているだけでしたが
実際上がってみると、とてもいい眺めでした。

渋谷の街を上から眺めると
下の道を歩いている人や車、電車が小さく見えます。



すると自分が普段考えていることが都会の喧騒に紛れた
小さいもののように感じました。
街の中にいるとそうなりがちです。

同じ街だけど、どこから見るかによって
感じ方が変化するのを感じました。

いつも広く大きな気持ちでいたいものです。




【2013.07.01 Monday 21:03】 author : 北極星
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 21:03】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1569
トラックバック