「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< 仮面ライダーV3 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
朝から?朝カラ!
最近、友人と日曜の朝から
カラオケをしようというイベントを企画して
実施しています。

なかなか盛り上がっています(^0^)

住む所は便利になり、
交通手段も発展しました。
そして雑誌やネット、スマートフォンと
人と出会えるツールはさらに多様化しました。

しかし、人と人とが信頼感をもった
安心感をベースにして
協力して何かを成し遂げようとする
雰囲気を感じないのは何故でしょうか?

むしろ時代が進むにつれ、
逆の方向に進んでいるように感じます。

人と会うのが面倒くさい、
話しをして意見の食い違いや、否定されるのが怖いから、
自分の殻に閉じこもり、人を不信し、協力関係が築けず、
個人一人一人がどんどん孤独になっているように感じます。

特に東京のような都会では田舎は人が温かいという意見や、
昔は人情味があった、世知辛い世の中になったなどの
話しをよく聞きますし、
誰にも知られずに孤独死する方の
悲しいニュースは増すばかりです。

今までは人と繋がる道具は増えたけど、
それだけじゃ何かが足りないんじゃないでしょうか?

その今までの足りない部分を補ってくれる新しい技術が
人の観点を変化・運動・移動させることができる観術です。

でも、せっかくつくった道具を使わないのも、
もったいないのでカラオケを道具にして、
観術を学んだ人達が人と人をつなぐイベントを企画しました。

11月17日(日)の朝からカラオケをするので、
よかったら来てみて下さい♪





 
【2013.11.14 Thursday 20:54】 author : 北極星
| イベント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 20:54】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/1573
トラックバック