「日が暮れたら天を見なさい絶えず動かない北極星は旅の道しるべになります。     
世を渡る場合には誠の心が道に迷わぬ為の磁石になります。               
曲がった道に入ったと不安になった時は自分の誠の心に問うてみなさい。          天が与えた良心はいつもあなたたちを導き守ってくれることでしょう」

ブログにも書きましたが、私の好きな司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の主人公の1人、秋山好古が後年語った言葉です。基準点となる心が何より大切!という想いからブログのタイトルにしました。
 
<< 問題を解決する時 | main | 体で覚える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.11.14 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
原子爆弾の仕組み
原子爆弾の仕組み
物質を構成している原子の中心にある原子核を人工的に壊すと、 大量のエネルギー(高い熱や人体に危険な放射線)が放出される。
ウラン235(またはプルトニウム239)の原子核は、 1個の中性子がぶつかると分裂し、 この時2個から3個の中性子が飛び出すと同時に、 膨大なエネルギーを放出する。
飛び出した中性子は、別のウラン235(またはプルトニウム239)の 原子核にぶつかり、同様に分裂し、エネルギーと中性子を放出する。
この核分裂がごく短い時間に次々と広がると、 瞬間的に非常に強大なエネルギーを生み出すことになる。
この原理を兵器として利用したのが原子爆弾(原爆)である

このような仕組みで原子爆弾は出来ているらしいです。

全ての物質は原子で出来ています。どの物質にも膨大なエネルギーが入っていることになります。(弱核力・強核力・電磁力・重力)

 人間も例外なくそういうことになります。しかし、自分にそれだけの膨大なエネルギーがあることを感じている人がいるでしょうか?また、そのように生きている人がいるでしょうか。 物質は原子爆弾のようにエネルギーを放出出来るのに、人間はその可能性を出せてはいません。

 物質文明が発達し切っている現代は、物質と人間のバランスを取る必要があると思います。人間の可能性を花開かせる新しい教育、学問が必要だと感じています。
【2010.02.10 Wednesday 16:46】 author : 北極星
| 科学チックなこと | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2013.11.14 Thursday 16:46】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ieyasu.jugem.jp/trackback/467
トラックバック